HOME>Topics>自社に適した賃貸事務所を利用しよう【探し方のポイント】

自社に適した賃貸事務所を利用しよう【探し方のポイント】

オフィス

賃貸事務所探しで妥協してはいけないポイント

例えば大阪で賃貸事務所の物件探しをする上で色々な条件がありますが、全ての条件を満たす物件を見つけ出すのは困難です。そこで、妥協できる点を明確にしていくことが、目的に合致した物件を見つけるコツとなります。むしろ逆に考えるなら、妥協できない点を明確にすることでもあります。
例えば、交通の便が良いといった立地面の条件は妥協してはいけません。事務所はビジネスの拠点となりますので、立地が良ければ移動時間を短縮することができますし、来客の負担を減らすことになります。個別ケースにおける負担の程度は、微々たるものですが積み重なると大きなコスト差となりますので、見逃すことはできません。

賃貸事務所の契約までの流れ

男女

利用申込と各種書類の準備

見つけた賃貸事務所の利用条件を詳細に検討し、契約することを決めたなら、先方が用意する申込書と各種の必要書類(登記簿謄本など)を用意します。貸主は申込書の内容を参考にして、契約を希望する会社の信用調査を実施する流れとなります。

入居条件の交渉と打ち合わせ

申込み後に条件交渉を行うために、実際の工事内容の計画や營業時間および休日などに関する情報を伝えます。賃貸契約を結ぶ上で、交渉したい内容があればこの段階で提示します。借り主は設備面で必要なスペックを満たしているかの確認もします。

手付金の支払いと契約の意思表示

交渉が済んだら物件を押さえるために、手付金(保証金)を支払います。手付金は契約日までに支払う必要がり、保証金一部に充当されるのが通常の対応となります。賃貸契約書の内容を精査し、その他の必要書類も用意して契約に臨みます。